Tech

AFFINGERを適用したWordPressにhighlight.jsを導入する

2020年11月10日

開発系のブログなどでは、ソースコードを記載する記事を書くことも多いと思います。

サイト上でソースコードや実行コマンドなどを表示するときに便利なのが、シンタックスを綺麗にハイライトしてくれるJavaScriptライブラリです。

この記事ではそんなライブラリのひとつhighlight.jsを、AFFINGERテーマを適用したWordPressへ導入してみます。

 

一般的な導入方法(どんなサイトでも共通)

公式サイトにあるように、CDN経由で導入するのが便利です。

以下のコードをhead内に入れます。(バージョンは記事時点のものです)

<link rel="stylesheet"
      href="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/highlight.js/10.7.2/styles/default.min.css">
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/highlight.js/10.7.2/highlight.min.js"></script>
<script>hljs.highlightAll();</script>

 

実際にコードを表示させたい部分では、以下のように<pre><code>で囲んであげます。

<pre><code>
def throw_or_something():
    raise 'MAKE AMERICA GREAT AGAIN'

i=1
try:
    i = throw_or_something()
except BaseException as i:
    pass

print(i)
</code></pre>

これをブラウザで見ると、こんな感じに。

def throw_or_something():
    raise 'MAKE AMERICA GREAT AGAIN'

i=1
try:
    i = throw_or_something()
except BaseException as i:
    pass

print(i)

mattn - Twitter

 

あとは見やすいようにスタイルシート(CSS)で調整します。
WordPressだとstyles.cssに追加すればOK。
例えば、こんな感じに等幅フォントを小さめで指定してあげると、よく見かけるような視認性の高いルックスに。

code {
    font-family: Consolas, Monaco, monospace;
    font-size: 0.8rem;
}

 

AFFINGERテーマ下での導入方法

下記コードをfunction.phpに追加します。

add_action( 'wp_head', 'meta_headcustomtags', 99);
function meta_headcustomtags() {
	$headcustomtag = <<<EOM
<link rel="stylesheet" href="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/highlight.js/10.7.2/styles/hybrid.min.css">
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/highlight.js/10.7.2/highlight.min.js"></script>
<script>hljs.highlightAll();</script>
EOM;
	echo $headcustomtag;
}

 

もしくは、Affinger5では管理画面で、head内に置くコードを導入することもできます。

AFFINGER5管理 → その他 → 上級者向け → コードの出力

まとめ

AFFINGER5の場合、プラグイン導入やwp_enqueue_script()による方法ではうまくいかないことが多く、highlight.jsではキレイに表示できたのでよかったです。

上記のように直接head内で読み込むだけで導入できるので、手軽なのもいいところですね。

  • この記事を書いた人

nextpenguin

システム開発・プログラミングのしごとやっています。甘味とコーヒーは生命線。日常での学びを記事にしています。

-Tech
-,

© 2021 スターレイヴ